プロフィール

スペルビア

Author:スペルビア
ブログ始めたばかりのカードゲーマー。


使用デッキは

【ヴァイス】
・はやて
・ギルクラ
・メルブラ

【ヴァンガード】
・ディメポリ
・ノヴァ
・ダクイレ

【遊戯王】
・堕天使
・オーディン
・クラッシャービート


総閲覧者数


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

適当構築ビビオペ




解説は、今忙しいのでできれば今度。


とりあえず若葉を2面並べて圧迫を続けよう。
スポンサーサイト

はやて回復ver.2.3 一心同体特化



総トリガー:19
最大回復値:5(3)
魔法数:41
目標平均コスト使用:18(ユニゾン×2、リインⅡサーチ×2、後列展開×2、回復×3)


■コンセプト(深夜につき散文失礼)

 コンセプトとしては一心同体をリフレッシュ直後に展開し、その生存能力を活かして終始有利な状況を目指す。できれば2面。

 一心同体はやてのデッキ操作効果を最大限に活かすにはデッキを圧縮する必要がある。しかし既存の集中ではアドバンテージが全く取れず、集中を行う為のコストが後の一心同体2面展開、もしくは回復における阻害要因となっていた。
 そこで今回、ウキウキなのはのシナジーを採用し、ハンドの増強、ノーコストを活かした立ち回りを可能としている。
 実際、以前は一心同体をチェンジで2面展開するには相当な勇気が要るものであったが、このシナジーを採用することにより負担が大幅に減少した。

 本来安定を目指すのであれば扉8が定石であるが、1−6でリフレッシュを行うことが理想のため、レベル1においてCXをおかないようにしなければならない。そこで、即使用でき、ハンド消費にならないキャントリをシナジー要素込みで採用している。
 
 イベントのユニゾンインは、レベル1を流すつもりのため自ターンでも相手の高パワーキャラを倒す手段を増やす為に採用。コストがかからないことも好評価。

 初めての共闘ヴィータは、やはりいくらレベル3の早出しといえども自ターンの火力に不安が残るため採用。



■気になるところ
 ・詰め要素の欠如
   枠がきつい為、バーン持ちを入れればcipが、cipを入れればバーン持ちが犠牲にというジレンマ。回復がないと落ち着かない性分の為cipの採用となっているが、改善できる部分はないだろうか?

 ・回復量が少なくないか?
   回復デッキが好みのため、安定して行えるであろう回復が3というのは心が落ち着かない。しかし枠が・・・ううむ。

 ・お寝坊さんシャマルの採用
   基本的にウキウキなのはのシナジーを用いるのは序盤のみな為、中盤以降は序盤で稼いだキャラ、もしくは引いてきたキャラで戦うこととなっている。また、序盤でウキウキなのはを複数揃える為にも、数枚程度採用したい。枠が(ry

 ・サブアタッカーの採用
   やはり一心同体以外のラインが貧弱。レベル2でコストの軽いアンコール持ちアタッカーか、怒りの眼差しヴィータのような早出し可能なアタッカーを検討したい。

 ・やはりというか
   キャントリの採用によって残りのラインのソウルが低くなり、また+2をトリガーしたときのバクチ感がすごい。ソウル量に関しては考慮して一応多めにしてあるが・・・

はやて回復ver.2.2  はやてっちゃん誕生日おめでとう。

6月4日、はやてさんのことを知ってから3年が経ちました。現在4年目。これからもよろしく!

今年は事情があり、毎年密かにやっている誕生日を祝う会ができるかどうか微妙ですが、
お誕生日をお祝いしたいという気持ちは誰にも負けないので、許していただこうと思っております。



twitter漁ってて投稿遅れてます。

※はやてっちゃんとは、ヴァンガの新城テツさんのことをてっちゃんと呼び続けていた影響です。


とりあえずここ一ヶ月、ずっとデッキの構築を考えておりましたが、なかなか構築がまとまらず苦労しております。
現在のこのデッキも理想とはまだまだ開きがありますが、実現の過渡期ということで、はやてさんの誕生日でもありますし載せさせていただきたいと思います。

急いで書いているので散文です。







コンセプトは複数ターンに分けてでも一心同体はやて&リインを2面展開し、圧迫をかけていくこと。


自ターンのパワーの低さを補う手段に欠けることが難点。
せめて自ターン14500、相手ターン14000は安定して出せるようにしたい。


回復はCIP3種と、シャマザフィ、さらには緊急手段としての守るべきもので頑張ってもらう。
詰め要素は、鉄槌の騎士ヴィータによるバーンはそのターンで決められなかった場合次のターンで死ぬこと、守るべきものシャマルは色とコストの面から不採用とした。よって詰め時にやきもきすると思う。
だが一応平均して毎試合4点程度は回復できるスペックの為、補うには少々不安だがそこは上手く調整したい。


はやて色が薄いが、徐々に足して上手いバランスにするために今の枚数。


シナジーのCXは現在枚数に迷っている為現状とりあえず扉8。最終的には2or3かな。




では素敵な日を過ごしたいと思いますので失礼させていただきたいと思います。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。